グランプリシリーズ・カナダ大会2017 男子フリーの滑走順と結果

フィギュアスケートのグランプリシリーズ・カナダ大会2017「スケートカナダ」の男子フリーの滑走順と結果の実況です。

男子フィギュアには宇野昌磨選手と無良崇人選手が出場しておりSPでは1位と8位という結果になっています。

試合は日本時間の10月29日の朝7時50分開始予定です。

グランプリシリーズ・カナダ大会2017 男子フリーの滑走順

ISUグランプリシリーズ・カナダ大会2017
スケートカナダ 男子シングルショートプログラムの滑走順

前半グループ
1 ブレンダン・ケリー
2 パウル・フェンツ
3 チャ・ジュンファン
4 ニコラス・ナデュー
5 ミハル・ブジェジナ
6 無良崇人

後半グループ
7 ヨリック・ヘンドリックス
8 アレクサンドル・サマリン
9 キーガン・メッシング
10 宇野昌磨
11 パトリック・チャン
12 ジェイソン・ブラウン

無良崇人選手が6番滑走、宇野昌磨選手10番滑走です。

グランプリシリーズ・カナダ大会2017 男子フリーの結果と順位

ISUグランプリシリーズ・カナダ大会2017
スケートカナダ 男子シングルフリースケーティングの結果・リザルト

テレビ放送前なのでネタバレが困る方は↑の滑走順だけご確認ください。

スケートカナダ2017 男子FS
結果・リザルト

2017/10/29 07:50スタート

優勝 301.10点 宇野昌磨
2位 261.14点 ジェイソン・ブラウン
3位 250.06点 アレクサンドル・サマリン
4位 245.70点 パトリック・チャン
5位 237.31点 ヨリック・ヘンドリックス
6位 237.04点 ミハル・ブジェジナ
7位 229.43点 ニコラス・ナデュー
8位 217.75点 キーガン・メッシング
9位 210.32点 チャ・ジュンファン
10位 201.60点 パウル・フェンツ
11位 201.56点 ブレンダン・ケリー
12位 186.66点 無良崇人

無良崇人選手はジャンプが決まらずコンボなしに。回転がダウングレードになりそうなジャンプも。3回転ルッツを予定構成以上の3回飛んでおり、基礎点が下がるミスもあり技術点は40点台。

宇野昌磨選手は4T-2Tが単独になったものの次の4Tに2Tを付け予定構成通りの演技を披露。FSで200点超えはなりませんでしたが総合300点超え。

2位ジェイソン・ブラウン選手は予定構成からあげて4Tに挑戦しましたが転倒。このジャンプと次の3Aの回転不足以外は完成度の高い演技で演技構成点が高評価。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ