チームチャレンジカップ2016 女子ショートの結果と順位

新しく始まった地域対抗団体戦の「チームチャレンジカップ2016」女子ショート3グループの結果をまとめてお届けします。

アジア・北米・ヨーロッパの3チーム3選手が3グループに分かれて演技を行いそのグループ内で順位が付けられています。

日本代表選手で出場しているのは宮原知子選手と本郷理華選手。

今シーズン最終戦です。

チームチャレンジカップ2016 女子ショートの結果と順位・ポイント

2016 Team Challenge Cup
2016 コーセー・チームチャレンジカップ
2016/4/22(日本時間2016/4/23)
男子シングル ショートプログラム

女子ショートの結果からの獲得ポイントはこちら。

チーム得点 女子SP
アジア 28
北米 32
欧州 30

グループ1では世界女王のエフゲーニャ・メドベージェワ選手が77.56点という自己ベストを更新する演技で1位。

宮原知子選手もPBを更新しています。

順位 選手 チーム
1位 エフゲーニャ・メドベージェワ ロシア 欧州 77.56
2位 宮原知子 日本 アジア 73.28
3位 グレーシー・ゴールド アメリカ 北米 71.34

グループ2ではカナダのガブリエル・デールマン選手が1位。

本郷理華選手はジャンプでミスがあり3位という結果になりました。

順位 選手 チーム
1位 ガブリエル・デールマン カナダ 北米 68.45
2位 ロベルタ・ロデギエーロ イタリア 欧州 61.75
3位 本郷理華 日本 アジア 60.43

グループ3は北米チーム、アメリカのアシュリー・ワグナー選手が1位です。

順位 選手 チーム
1位 アシュリー・ワグナー アメリカ 北米 74.54
2位 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン アジア 65.44
3位 エレーナ・ラジオノワ ロシア 欧州 61.36
スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ