新幹線の富士山が見える席は山側E席の座席 海側A席でも見える場所

東海道新幹線に乗るならぜひ「富士山」が見える席に座りたいものです。

新幹線の座席は二人掛けのE・D席が山側で長い時間富士山を楽しむことができます。

しかし人気の2人席、窓側は特に早く席が埋まりやすいので海側になってしまうと少し残念ですね。

実はごく一部の区間だけ海側のA席からでも富士山が見えるんです!

今回は東海道新幹線の海側のA席からでも富士山が見える区間を紹介します。

新幹線の富士山が見える席は山側E席の座席 海側A席でも見える場所

まずは新幹線の上り・下りと座席の並び方についてです。

新幹線 座席 東海道新幹線 上り 下り 大阪 東京 海側 山側 席 a席 E席 富士山

上りは大阪から東京に向かう列車で下りが東京から大阪に向かう列車です。

座席の並び方はは上り・下りともに同じ。

新幹線の座席は海側からA・B・Cの3人席、通路を挟んでD・Eが山側の2人席です。

東海道新幹線から富士山を眺めたいなら山側の窓側のE席がベスト。

ただ富士山には雲がかかりやすいので東京や静岡市が晴れていても見えない日が多いです。

最寄りの駅である新富士駅からどころか富士宮市などすそ野の市町村からですら見えないことがあります。

山側のE席からなら新幹線の線路と富士山の間に愛鷹山(上記地図にある山)が入る区間以外なら天気がよければ長い区間大きな富士山を楽しむことができます。

海側のA席から富士山が見えるのはごく一部の区間。

これは「左富士」といい東京から大阪への下りのときに一瞬だけ左側に富士山が見えるレアな区間です。

場所は静岡駅の西を流れる安倍川の西、新幹線の線路が南北に走る短い区間です。

在来線(東海道本線)の安倍川駅近くで東西に走る東海道新幹線の線路が数キロだけ南北に走ります。

乗車時間は1分にも満たない短い距離ですが天候に恵まれると富士山を見ることができます。

わかりやすいのは静岡駅に止まる上り列車。

静岡駅に入るアナウンスがこのタイミングで流れるので窓から斜め前方に目をやると富士山が見えます。

下りの場合は静岡駅を通過して安倍川を超えたら斜め後方を見るくらいの感覚で窓の外を見ると見つけられます。

電線などが多くベストショットを撮影するのは難しいですが海側かー・・・と残念なときこそレアな富士山を探してみてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ