フィギュアスケートカナダ大会2015 GPS男子ショートの滑走順と結果 羽生選手は?

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第2戦カナダ大会「スケートカナダインターナショナル2015」がカナダのレスブリッジで開催されます。

男子シングルショートプログラムの滑走順と演技開始時間、そして結果をお届けします。

日本人選手は羽生結弦選手、村上大介選手、川原星選手の3名がエントリーしています。

そのほかの国の出場選手には絶対王者といわれた地元カナダのパトリック・チャン選手、アメリカのアダム・リッポン選手がいます。

テレビ放送は18時56分からテレビ朝日系列にて。

生放送ではありませんのでこちらではネタバレに配慮しつつ結果を速報でお届けします!

明日の男子フリーの滑走順はこちら↓
>>フィギュアスケートカナダ大会2015 GPS男子フリーの滑走順と結果※結果は11月1日11時35分以降

女子フリーの滑走順と結果はこちら
>>フィギュアスケートカナダ大会2015 GPS女子フリーの滑走順と結果

テレビ観戦したい方も結果は滑走順の下に掲載しているので安心してご確認ください。

フィギュアスケートカナダ大会2015 GPS男子ショート(SP)の結果

SP順位 名前 スコア
1 村上大介 日本 80.88
2 パトリック・チャン カナダ 80.81
3 アダム・リッポン アメリカ 80.36
4 ナム・グエン カナダ 76.1
5 ミハル・ブジェジナ チェコ 75.46
6 羽生結弦 日本 73.25
7 アレクサンドル・ペトロフ ロシア 71.44
8 ジュンヒョン・リー 韓国 68.64
9 川原 星 日本 67.36
10 キーガン・メッシング カナダ 67.13
11 ティモシー・ドレンスキー アメリカ 62.46
12 イ・ジュンヒョン 韓国 47.19

全員の演技を終えて村上大介選手が1位です。

エッジエラーこそとられたものの!で大きな減点にならなかった3Lz+3Loで12.41点という高得点を獲得しました。

2位はパトリック・チャン選手。

2番目のジャンプが2LzになってしまいInvalid element=0点。(単独ジャンプは3回転以上)

しかし冒頭の4T+3Tは15.31点と高い得点、ミスがなければと思うと日本勢最大のライバルです。

羽生選手はジャンプでミスがあり6位スタートとなりました。

2番目の4回転ジャンプが2Tに、次のコンビネーションジャンプが3Lz+2Tになり両方のジャンプが0点に。

この理由は単独ジャンプは3回転以上というルールに加えて、コンビネーション内以外で同じジャンプを飛んではいけないというルールがあるからです。

2Tを2回飛んだとみなされて認定されたジャンプは冒頭の3Aだけになりました。

※ショートプログラムのジャンプのルール、Invalid elementについての解説はこちら↓
>>フィギュアスケート ショートプログラムのジャンプのルール Invalid elementとは

村上選手やパトリック・チャン選手との点差は約7.6点。

FSで充分逆転可能な点差で優勝が読めませんね。

フィギュアスケートカナダ大会2015 GPS男子ショート 結果が出るのは何時?

男子シングルショートプログラムの競技が始まるのは現地時間17時45分。

日本との時差は16時間(サマータイム)あるので日本時間8時45分スタートです。

最終滑走の羽生選手の演技が終わりスコアが発表されるのが10時18分ごろ。

フィギュアスケートカナダ大会2015 GPS男子ショートの出場選手と滑走順

羽生選手が最終滑走、注目のパトリック・チャン選手は5番滑走です!

滑走順 演技開始時間 出場選手
8:45:00 第1グループ
1 8:52:30 キーガン・メッシング カナダ
2 8:59:00 川原 星 日本
3 9:05:30 ティモシー・ドレンスキー アメリカ
4 9:12:00 ジュンヒョン・リー 韓国
5 9:18:30 パトリック・チャン カナダ
6 9:25:00 イ・ジュンヒョン 韓国
9:31:30 第2グループ
7 9:39:00 村上大介 日本
8 9:45:30 アダム・リッポン アメリカ
9 9:52:00 アレクサンドル・ペトロフ ロシア
10 9:58:30 ナム・グエン カナダ
11 10:05:00 ミハル・ブジェジナ チェコ
12 10:11:30 羽生結弦 日本
スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ