年賀状 書き損じた年賀はがきの交換手数料は?未使用の買取は?

年賀状、手書きでの書き損じや印刷ミスってどうしてもありますよね。

さらには買いすぎて余ってしまうなんてことも。

書き損じの交換方法や未使用品の買取について知っておくと損しませんよ!

書き損じ、印刷ミスの年賀はがきは郵便局で交換してもらいましょう。

手数料はかかります。

未使用品の未開封品なら金券ショップで買取してもらえる店舗もあります。

もちろん郵便局での交換も可能です。

書き損じ・印刷ミスの年賀はがきの交換手数料

1枚当たり5円の手数料で交換が可能です。

交換の対象は、切手(記念切手、シール切手などは除く)、郵便はがき、郵便書簡、レターパック封筒です。

くじ付き年賀はがきの場合、同一年度の販売期間中であればお年玉くじ引き番号付きの年賀はがきに交換できます。

交換に期限はありませんが、翌年の年賀状には交換できません。

未使用品も交換できますが、無地から無地の同一商品など一部交換できないものもあります。

誤購入による交換は販売期間中であれば無料や差額での交換も可能です。

無地からインクジェット用はがきなどへの交換などができます。

服喪・喪中により年賀状が不要になった場合は無料で交換できます。

年賀はがきを弔事用切手や通常のはがきに交換してくれます。

未使用の年賀はがきの買取りについて

郵便局では交換のみで買取は行っていません。

一部の金券ショップなどで買取りが行われているため、現金化したい場合はそちらがおすすめです。

未開封など条件が厳しいので、交換のほうがお得かもしれません。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ