京都の紅葉2016 永観堂の見ごろの時期は?ライトアップ期間と時間

永観堂 もみじ 紅葉 京都 名所京都で紅葉の名所というと必ずあげられるのが永観堂。

「もみじの永観堂」とも呼ばれています。

正確には禅林寺という浄土宗西山禅林寺派総本山です。

昔、永観律師(ようかんりっし)という方がいたことから永観堂と言われています。

永観堂は京都の夜間ライトアップ、特別拝観の先駆け的存在です。

庭園ではイロハモミジ、オオモミジ、ヤマモミジなどの3000本ほどの紅葉樹が色付きます。

永観堂の紅葉の見頃の時期と見所

見頃時期予想:11月中旬~11月下旬

永観堂のもみじは例年、11月の中旬から下旬にかけて楽しむことが出来ます。

おすすめの見所は阿弥陀堂へ向かう石段のもみじのトンネル。

そして放生池周辺のもみじです。

紅葉シーズンの2016年11月8日(火)~ 2016年12月4日(日)は寺宝展が開催されています。

普段は見られない永観堂禅林寺の寺宝を見ることができます。

秋の寺宝展
期間:平成28年11月8日(火)~ 12月4日(日)
時間:9時~16時(17時閉門)
拝観料:1000円(大人)600円(小学生~高校生)

夜間のライトアップとの入れ替えのため17時で閉門となるのでお気をつけください。

永観堂の夜の紅葉ライトアップ情報2016

期間:2016年11月8日(火)~ 2016年12月4日(日)
時間:17時30分~20時30分(21時閉門)
拝観料:600円(中学生以上)

夜間の特別拝観は阿弥陀堂、画仙堂と庭園のみです。

永観堂へのアクセス

JR京都駅から市バス
 ・5系統で「南禅寺永観堂道」下車、徒歩3分
 ・100系統で「東天王町」下車、徒歩8分

地下鉄東西線「蹴上」から徒歩15分

紅葉期間は駐車場は利用できません。

永観堂の場所・地図

南禅寺のすぐ北、平安神宮の東にあります。

清水寺からは徒歩40分ほどです。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ