フィギュアスケート 平昌オリンピック2018代表選考の条件と選考の日程

2018年2月に韓国で開催される冬季オリンピックの平昌オリンピック。

注目競技の一つ、フィギュアスケートの平昌五輪2018代表選考の条件と選考の日程についてまとめました。

日本の代表枠はソチではシングルで3枠でしたが平昌オリンピックの代表枠数(出場枠)は前年の世界選手権で決定します。

日本の出場枠は何枠になり、そして誰が選ばれるのでしょうか。

フィギュアスケートの日本代表選手は2017年12月に開催される日本選手権の結果を受けて決まります!

発表は全日本選手権の最終日です!

平昌オリンピック2018の代表枠数(出場枠)枠取りについてはこちら
>>フィギュアスケート平昌オリンピック2018(韓国)の出場枠の決め方 3枠の条件と予選

フィギュアスケート 平昌オリンピック代表選考の条件

まず、オリンピックに出場するためにはISU(国際スケート連盟)公認の大会でミニマムスコアをクリアしていることが前提条件となります。

ミニマムスコアをクリアした上で、各国の代表に選ばれなければなりません。

出場枠
男子シングル:3枠
女子シングル:2枠
ペア:なし(団体戦出場の可能性はあり)
アイスダンス:1枠

出場条件
・ミニマムスコアを満たしていること
・年齢
・全日本選手権への出場

全日本選手権への出場については救済条件として”過去に世界選手権大会3位以内に入賞した実績のある選手が、けが等のやむを得ない理由で全日本選手権大会へ参加できなかった場合”は日本代表に選出される可能性があると選考基準に明記されています

選考基準

男子シングル
1人目:全日本フィギュアスケート選手権2017優勝=内定
2人目:全日本2位、3位の選手&グランプリファイナルの日本人上位2選手から選考
3人目:2人目の選考に漏れた選手&世界ランク日本人上位3人&シーズンランク日本人上位3人&シーズンベストスコア日本人上位3人の中から選考

女子シングル
1人目:全日本フィギュアスケート選手権2017優勝=内定
2人目:全日本2位、3位の選手&グランプリファイナルの日本人上位2選手&世界ランク日本人上位3人&シーズンランク日本人上位3人&シーズンベストスコア日本人上位3人の中から選考

ペア・アイスダンスの代表選考の条件は出場枠を獲得した場合として選考基準が発表されています。

アイスダンス
以下のいずれかを満たす者から総合的に判断して選考
1.全日本選手権大会最上位組
2.全日本選手権大会終了時点でのISUワールドスタンディング最上位組
3.全日本選手権大会終了時点でのISUシーズンワールドランキング最上位組
4.全日本選手権大会終了時点でのISUシーズンベストスコアの最上位組

確実なのは全日本選手権で優勝することです。

フィギュアスケート 平昌オリンピック代表選考試合日程

まずはグランプリシリーズ(GPS)で結果を出してグランプリファイナル(GPF)に出場しておきたいところ。

グランプリシリーズ全6戦のうち2試合に出場してその結果の上位6名がファイナルに進出できます。

全日本選手権の前に行われるGPFで優勝すれば一歩リードといえますね。

最終決戦は全日本フィギュアスケート選手権です。

全日本フィギュアスケート選手権
日程:2017年12月20日から

試合後の代表選手の発表までテレビで生中継されます!

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ