フィギュアスケートのグランプリシリーズ日本大会2016 NHK杯の男子ショートの滑走順と結果

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第6戦日本大会2016、NHK杯の男子ショートの滑走順日本時間の演技時間、結果と得点・順位を実況・速報でお届けします。

NHK杯の女子SPの演技の順番=滑走順と日本時間での演技の開始予定時間を掲載しました。試合が始まったら結果の実況を掲載します。

2016年・平成28年のGPS最終戦NHK杯の開催地は札幌。日本は羽生結弦選手、田中刑事選手、日野龍樹選手が出場します。

※山本草太選手が欠場、代わりに日野龍樹選手が出場することになりました。

フィギュアスケートのグランプリシリーズ日本大会2016 NHK杯の男子ショートの滑走順と結果

国際スケート連盟公認グランプリシリーズ2016/2017
2016NHK杯国際フィギュアスケート競技大会
ISU Grand Prix of Figure Skating 2016/2017, NHK Trophy
日程:2016年11月25日(金)~2016年11月27日(日)
開催地:北海道札幌市・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

フィギュアスケートグランプリシリーズNHK杯2016 日程と時間【日本大会】

GPS第6戦NHK杯2016 男子ショートの滑走順と時間
Starting Order/TIME SCHEDULE

2016/11/25

19:11:30 第1グループ6分間練習
19:19:00 1番 ミハイル・コリヤダ
19:25:30 2番 デニス・ヴァシリエフス
19:32:00 3番 ネイサン・チェン
19:38:30 4番 田中刑事
19:45:00 5番 ジェイソン・ブラウン

19:51:30 第2グループ6分間練習
19:59:00 6番 オレクシイ・ビチェンコ
20:05:30 7番 日野龍樹
20:12:00 8番 エラッジ・バルデ
20:18:30 9番 羽生結弦
20:25:00 10番 グラント・ホッホスタイン
20:31:30 11番 ナム・グエン

フィギュアスケートのグランプリシリーズ日本大会2016 NHK杯の男子ショートの結果

男子ショートプログラム 結果・リザルト
2016/11/25

実況中

田中刑事選手は最初の4回転サルコーの着氷を堪えた以外は勢いのある滑りで会場を魅了。80点台まで自己ベストを上げました。

ブラウン選手は冒頭の4回転からの連続ジャンプなどジャンプが決まらず。

日野選手はクワドがないので得点は伸びませんがクリーンな滑りで会場を魅了。

羽生選手は4回転ループ以外はクリーンな演技。ループは軸が傾きましたが着氷。

SP順位 選手 得点
1 羽生結弦 日本 103.89
2 ネイサン・チェン アメリカ 87.94
3 田中刑事 日本 80.49
4 ミハイル・コリヤダ ロシア 78.18
5 エラッジ・バルデ カナダ 76.29
6 ナム・グエン カナダ 75.33
7 オレクシイ・ビチェンコ イスラエル 75.13
8 ジェイソン・ブラウン アメリカ 74.33
9 日野龍樹 日本 72.50
10 デニス・ヴァシリエフス ラトビア 70.50
11 グラント・ホッホスタイン アメリカ 68.31
スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ