鈴鹿8耐2016 途中経過と結果・順位 速報の雑誌・DVDの発売日

三重県・鈴鹿サーキットで開催されている鈴鹿8時間耐久ロードレース「鈴鹿8耐2016」

最終的なレースの結果と順位、簡単な途中経過をまとめてお届けします。

8耐速報の雑誌とDVD・ブルーレイはいつ発売されるのでしょうか。

鈴鹿8耐2016 途中経過と結果・順位 鈴鹿8時間耐久ロードレース

鈴鹿8時間耐久ロードレース2016
三重県・鈴鹿サーキット

2016/7/31 最終のレース結果

全チームの順位は一番下に掲載しています。

1位 #21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
2位 #87 Team GREEN
3位 #12 YOSHIMURA SUZUKI Shell ADVANCE
4位 #7 YART YAMAHA – OFFICIAL EWC TEAM
5位 #32 Moto Map SUPPLY
6位 #17 Team KAGAYAMA
7位 #01 EVA RT TEST TYPE-01 TRICK STAR
8位 #22 SatuHATI. Honda Team Asia
9位 #18 Mistresa with ATS
10位 #090 au&Teluru・KoharaRT
11位 #104 TOHO Racing
12位 #2 TEAM R2CL
13位 #111 HONDA ENDURANCE RACING
14位 #94 GMT94-YAMAHA
15位 #8 TEAM BOLLIGER SWITZERLAND
16位 #135 TeamTras135HP
17位 #9 Motorrad Rennsport
18位 #5 F.C.C.TSR Honda
19位 #50 TEAM APRIL MOTO MOTORS EVENTS
20位 #96 TEAM FRONTIER

優勝はヤマハファクトリーレーシングチーム。

218周という最多周回数で連覇です。

チームグリーンが2位、3位にはヨシムラスズキが入りました。

4位は世界耐久チームのYART YAMAHA、5位にはモトマップサプライが入っています。

6位には2度のトラブルを乗り切ったチーム加賀山、7位にはエヴァことトリックスターが入りました。

ホンダ勢のトップは8位のチームアジア。

というのもTSRは最初のスティントでエガーター選手が転倒・修理でのピットインがあり60位以降まで順位を落としました。

そこからコンスタントに順位をあげて18位まで挽回してきます。

#634、ニッキー・ヘイデン選手を擁するムサシRTハルクプロはヘイデン選手の走行中にマシントラブルで停止。

ピットには戻ったもののリタイア届が出されハルクの夏が終わりました。

レース序盤にリードしていたチームカガヤマはピットのタイヤ交換でトラブルがあり1分ほどタイムロス、さらにタイヤが割れるというトラブルがありました。

鈴鹿8耐2016 速報の雑誌・DVDの発売日

鈴鹿8耐速報は現在発行されていないようです。

ライディングスポーツの鈴鹿後の最新号は10月号、8月24日発売です。

ライディングスポーツ 2016年 10 月号 [雑誌]
発売日:2016/8/24

DVDとブルーレイは9月24日に発売されます。

2016“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース公式DVD
発売日:2016年9月24日
価格:4,320円

2016“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース公式ブルーレイ [Blu-ray]
発売日:2016年9月24日
価格:5,130円

鈴鹿8耐2016の結果 全チームの順位

2016/7/31 18時36分時点
1位 #21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
2位 #87 Team GREEN
3位 #12 YOSHIMURA SUZUKI Shell ADVANCE
4位 #7 YART YAMAHA – OFFICIAL EWC TEAM
5位 #32 Moto Map SUPPLY
6位 #17 Team KAGAYAMA
7位 #01 EVA RT TEST TYPE-01 TRICK STAR
8位 #22 SatuHATI. Honda Team Asia
9位 #18 Mistresa with ATS
10位 #090 au&Teluru・KoharaRT
11位 #104 TOHO Racing
12位 #2 TEAM R2CL
13位 #111 HONDA ENDURANCE RACING
14位 #94 GMT94-YAMAHA
15位 #8 TEAM BOLLIGER SWITZERLAND
16位 #135 TeamTras135HP
17位 #9 Motorrad Rennsport
18位 #5 F.C.C.TSR Honda
19位 #50 TEAM APRIL MOTO MOTORS EVENTS
20位 #96 TEAM FRONTIER
21位 #3 RS-ITOH&FA.COMhokensyokunin
22位 #6 Team HOOTERS with Shota Saito
23位 #1 SUZUKI ENDURANCE RT
24位 #4 HondaHamamatsuESCARGOT&SAYAMARacing
25位 #88 MOTOBUM・Ishigaki-Island-TUNA&KANJUKU
26位 #24 CLEVER WOLF Racing
27位 #62 TEAM MASSA-R
28位 #65 Motobox Kremer Racing CWR
29位 #52 NCXX RACING
30位 #51 T・MOTOKIDS・ICU・KawausoRT
31位 #34 HondaRyokuyokaiKumamotoRacingwithKUMAMON
32位 #39 Rosetta Motorrad39
33位 #51 SAKURAPROJECTwithACTAHOIDINGS&MF
34位 #20 KMⅡ Z-TECH
35位 #77 Honda Koyokai Dream & EG Racing
36位 #82 BANNER RACING H・K・C
37位 #4 TEAM SUGAI RACING JAPAN
38位 #29 DOGHOUSE
39位 #69 YAMASHINAKAWASAKI&BusinessRalliart&YIC
40位 #27 TransMapRacing with Logistics Companies
41位 #10 TOPS LIFE&Garage KENZ f/ SBS KIDANI
42位 #33 JAPAN POST Honda Kumamoto Racing
43位 #15 Team Etching Factory
44位 #105 Motorrad Toyota Nagasaka Racing
45位 #56 SYNCEDGE 4413 TRP
46位 #19 Activelink TIO Verity
47位 #93 RED SEED Motorrad
48位 #25 Honda SuzukaRacing Team
49位 #31 HAMAMATSU TEAM TITAN
50位 #59 HKC&IMT Racing
51位 #23 VITAL SPIRIT SAKURA ADVANCE&SHARK
52位 #28 Team Honda Technical College
53位 #41 TTS&TeluruKoharaRT
54位 #74 AKENO SPEED WJR・YAMAHA
55位 #321 Team Favorite Factory
56位 #11 TEAM SRC KAWASAKI
57位 #83 TEAMJP DOGFIGHTRACING AUSTRALIA
58位 #35 PLUS ONE MCRT
59位 #14 IWATA RACING FAMILY
60位 #61 team WILL DESIGN with Tkm・VISION
61位 #85 Honda QCT MEIWA Racing
62位 #67 Honda DREAM RT WAKAYAMA
63位 #78 Honda BlueHelmets MSC Kumamoto & Asaka
64位 #634 MuSASHi RT HARC-PRO
65位 #55 KTM FLEX Racing TEAM
66位 #73 R.C.norimono&motoLabEJ&TRYPOINT&FBI
67位 #46 FLEMBBO LEADER TEAM
68位 #810 B-SQUARE RACHING & TEAM NOZUKA

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ