全国都道府県対抗男子駅伝2015の結果 愛知が失格になった理由は?

天皇杯 全国都道府県対抗男子駅伝2015が終わりました。

優勝は埼玉と優勝していた3つの1つではありましたが残り2つは残念な結果に。

神野大地選手のエントリーで話題になっていた愛知県はなんと失格。

その理由は中継所で1区から2区へのたすきを渡す際に投げて渡したため。

ルールでたすきは必ず手渡し、となっているため失格になりました。

やはり都道府県対抗駅伝は一般だけでなく中高生の安定感が重要ですね。

優勝した埼玉県は中学生の2区、高校生の4区で区間1位、全員が区間12位以内と安定の走りでした。

設楽悠太選手の区間順位は8位、服部翔大選手は5位でした。

2位は村山兄弟が走った宮城県。

5区の三浦洋希選手の区間1位で一気に順位をあげました。

3位は設楽啓太選手がアンカーを務めた東京。

啓太選手が区間7位の走りで8位から3位まで順位をあげています。

優勝候補筆頭だった広島は13位。

アンカーの鎧坂哲哉選手が区間2位の走りで20位から13位までランクアップさせています。

トラックの持ちタイムと駅伝はやっぱりちがいますねー。

ちなみに7区の区間賞は青山学院大学出身の出岐雄大選手。

青山学院大学、出雲駅伝優勝の立役者でしたよね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ