箱根駅伝2015 91回大会の優勝校と展望予想 注目選手は?

弟91回箱根駅伝が2015年1月2日3日開催されます。

2015年の優勝校予想はやっぱり「駒澤大学」

平成20年以来7年ぶりの優勝を狙っています。

エース村山謙太選手をはじめ実力者ぞろいですし全日本の優勝で流れもいいですね。

駒澤大学の注目選手はやはり村山謙太選手

学生最速、1万m27分台のランナーです。

4年生の主将中村匠吾選手と黒川翔矢選手も全日本駅伝で区間賞と活躍が期待されます。

昨年優勝の東洋大学の注目選手はやはり服部兄弟。

兄の勇馬選手は全日本選手権2区で区間賞を獲得、1区を走った弾馬選手はトップの駒澤大学に1分の差を付けられてしまいましたが、

東洋大学は一度つまずいた後に強い!

全日本大学駅伝4位という悔しさをバネに頑張ってくれると期待です。

個人的に楽しみなのが青山学院大学

監督がエントリーを宣言している3年生エース神野大地選手の5区山登りが楽しみです。

読み方は”かみのだいち”です。

明治大学は主将の有村優樹選手をはじめ大六野秀畝選手など4年生の走りに期待しています。

それから兄弟や双子ランナーが注目される箱根駅伝。

大東文化大学の市田孝選手・宏選手の4年生、先述の村山謙太選手、紘太選手の二組の双子の走りにも注目ですね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ