「箱根駅伝2015」タグの記事一覧

箱根駅伝2015 山梨学院大学、中央大学、東海大学のシード権は?

2015年も箱根駅伝が終わりました。総合優勝は青山学院大学です。優勝だけでなく気になるのがシード権、2016年の箱根駅伝のシードをかけた争いです。シード権を獲得できるのは総合順位が10位までの大学。近年予選会からの参加となっていた山梨学院大学、東海大学、中央大学はのシード権が個人的には気になるところ。シード権獲得校をまとめました。

箱根駅伝2015 結果と順位 優勝・シード校は?復路優勝はどの大学?

箱根駅伝2015の復路が2015年1月3日行われました。初めての往路優勝の青山学院大学は総合優勝できたのか、復路優勝は?シード権獲得校を含めて結果と順位をまとめました。

箱根駅伝2015 浜松出身の選手が多い順天堂大学を応援したい!

2015年の箱根駅伝、静岡県・浜松出身の選手が揃ったのが順天堂大学、往路のオーダー変更時点で10人中4人が浜松市の高校を卒業した選手です。事前に注目されていた双子の松村兄弟は浜松日体高校出身の4年生、そして同じく浜松日体高校出身の3年生、田中孝貴選手、そして浜松湖東高校出身の西澤卓哉選手の4名です。1区に松村優樹選手、2区に田中孝貴選手、7区に西澤卓哉選手、9区に松村和樹選手がエントリー。浜松市民、静岡県民の方はぜひ注目してみてください。

箱根駅伝2015 2区にオムワンバがいない!オーダー変更の理由は?

昨年2区で棄権した山梨学院大学のオムワンバ選手。原因は足の疲労骨折。とても悔しそうで印象に残ったケニア出身の外国人選手です。2015年大会は予選会から参加となりましたが全体2位のタイムで予選会突破に貢献しました。そして区間エントリー発表時点では2区にエントリーされていたのですがオーダー変更だそうです。理由を調べてみました。

箱根駅伝2015 大学4年生選手の進路・就職先 双子の村山兄弟は実業団入り

2015年、年が明けて最初のスポーツイベントといえば「駅伝」年明けの「ニューイヤー駅伝」と「箱根駅伝」と長距離陸上ファンにはたまらない大会が続きます。実業団駅伝である元日のニューイヤー駅伝。箱根駅伝で活躍した選手が大勢出場しています。2015年、箱根駅伝を走った4年生たちはどの実業団へ進むのでしょうか。注目の4年生の進路を調べてみました!

箱根駅伝2015 エース区間2区の出場選手 各大学の区間エントリー

2015年の箱根駅伝、エース区間と言われる2区に区間エントリー発表時点で出場が予定されている選手を出場校全て紹・・・

箱根駅伝2015 区間エントリー発表!オーダー変更はいつ?見どころは?

開催の2015年1月2日が迫る弟91回箱根駅伝。正式名称は「第91回東京箱根間往復大学駅伝競走」です。2014年の前回大会・予選会の結果から出場校数は20校+関東学生連合チーム1校の21チームで争われます。区間エントリーの発表は例年12月29日、そして最終的なオーダーは当日の朝発表されます。注目はやはりエース区間2区、そして勝負の分かれ目5区の山登りですね。各校のエース、注目選手が何区を走りどんなドラマが生まれるのか、結果だけでなく展開が楽しみです。

箱根駅伝2015 91回大会の優勝校と展望予想 注目選手は?

弟91回箱根駅伝が2015年1月2日3日開催されます。2015年の優勝校予想はやっぱり「駒澤大学」平成20年以来7年ぶりの優勝を狙っています。エース村山謙太選手をはじめ実力者ぞろいですし全日本の優勝で流れもいいですね。駒澤大学の注目選手はやはり村山謙太選手。4年生の主将中村匠吾選手と黒川翔矢選手も全日本駅伝で区間賞と活躍が期待されます。

箱根駅伝2015 神野大地選手が5区にエントリー 山の神を目指す

お正月の風物詩、箱根駅伝。2015年の箱根駅伝では往路の5区、山登りに青山学院大学の3年生エース神野大地選手が登場するそうです。昨年は2区で区間6位という記録でしたが山登りではどんな結果が待っているのでしょうか。ちなみに2015年の箱根駅伝は第91回箱根駅伝です。いつも名前が気になる神野大地選手。出身高校は愛知にある中京大中京だそうで東海出身として応援したいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ