「羽生結弦」タグの記事一覧

世界フィギュアスケート国別対抗戦2017 男子フリーの滑走順と結果【速報】

フィギュアスケート

世界フィギュアスケート国別対抗戦2017、6ヶ国対抗の団体戦の男子フリーが4/21に開催されます。

ショートの結果は1位が宇野昌磨選手、羽生結弦選手はジャンプで大きなミスが2つ続き7位でフリーに臨みます。

世界フィギュアスケート国別対抗戦2017 男子ショートの滑走順と結果【速報】

フィギュアスケート

世界フィギュアスケート国別対抗戦2017、6ヶ国対抗の団体戦の男子ショートが開催されました。

テレビ放送前ですが結果を速報でお届けします。

テレビ放送予定は18時30分、放送局はテレビ朝日です。

男子フリーは明日の2日目に行われます。シーズン最終戦なのでいい演技で終わって欲しいですね。

フィギュアスケート世界選手権2017 男子フリーの滑走順と結果の速報

フィギュアスケート

フィギュアスケートの世界選手権2017、世界フィギュアの男子フリーの滑走順と予想の各選手の演技開始時間、そして試合の結果・順位・得点をまとめてお届けします。

ヘルシンキワールドは韓国・平昌オリンピック2018の出場枠を争う枠取りの大会。

日本代表は宇野昌磨選手がSP2位、羽生結弦選手が5位、田中刑事選手が22位と次の五輪の3枠獲得するための条件「上位2選手の順位の合計が13以内」の可能性が高い状況です。

フィギュアスケート世界選手権2017 男子ショートの滑走順と結果の速報

フィギュアスケート

フィギュアスケートの世界選手権2017、世界フィギュアの男子ショートの滑走順と予想の各選手の演技開始時間、そして試合の結果・順位・得点をまとめてお届けします。

ヘルシンキワールドは韓国・平昌オリンピック2018の出場枠を争う枠取りの大会。

日本代表は羽生結弦選手・宇野昌磨選手・田中刑事選手の3選手、次の五輪で3枠獲得するためには上位2選手の順位の合計が13以内になる必要があります。

フィギュアスケートの四大陸選手権2017 男子フリーの結果と滑走順【速報】

フィギュアスケート

フィギュアスケートの四大陸選手権2017、四大陸フィギュアの男子フリーの結果です。

四大陸フィギュアスケート選手権の男子シングル・フリースケーティングは2月19日に開催されます。

日本代表は羽生結弦・宇野昌磨・田中刑事・宇野昌磨の3選手が出場しており宇野昌磨選手がSP2位で日本人最上位につけています。

フィギュアスケートの四大陸選手権2017 男子ショートの結果

フィギュアスケート

フィギュアスケートの四大陸選手権2017、四大陸フィギュアの男子ショートの結果です。

四大陸フィギュアスケート選手権の男子シングル・ショートプログラムは2月17日に開催されました。

日本代表は羽生結弦・宇野昌磨・田中刑事の3選手が出場します。

フィギュアスケートの世界選手権2017 日程と日本代表

フィギュアスケート

フィギュアスケートの世界選手権2017、世界フィギュアの日程と時間・タイムスケジュール・日本代表の出場選手です。

男子・女子シングルの出場選手・滑走順・結果へのリンクも掲載します。

平昌オリンピックの出場枠を争う2017年の世界選手権はフィンランドのヘルシンキで開催されます。

フィギュアスケートの四大陸選手権2017 男子の出場選手&エントリー

フィギュアスケート

フィギュアスケートの四大陸選手権2017、四大陸フィギュアの男子のエントリー・出場選手です。

四大陸フィギュア2017は韓国の江陵アイスアリーナ=平昌オリンピックの会場で五輪のプレ大会として開催されます。

例年なら世界フィギュアに向けて出場を回避する各国のエース級の選手も出場する豪華な大会になりました。

フィギュアスケートの四大陸選手権2017 日程と日本代表

フィギュアスケート

フィギュアスケートの四大陸選手権2017、四大陸フィギュアの日程と時間・タイムスケジュールです。

男子・女子シングルの出場選手・滑走順・結果へのリンクも掲載します。

平昌オリンピックのプレ大会として同大会の会場の江陵アイスアリーナで開催されるとあって出場選手が豪華。

フィギュアスケートのグランプリシリーズ日本大会2016 NHK杯の男子フリーの滑走順と結果

フィギュアスケート

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第6戦日本大会2016、NHK杯の男子フリーの滑走順日本時間の演技時間、結果と得点・順位を実況・速報でお届けします。

NHK杯の男子SPの演技の順番=滑走順と日本時間での演技の開始予定時間を掲載しました。試合が始まったら結果の実況を掲載します。

2016年・平成28年のGPS最終戦NHK杯の開催地は札幌。日本は羽生結弦選手、田中刑事選手、日野龍樹選手が出場します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ