「エントリー」タグの記事一覧

NHK杯2017 女子の注目選手・みどころ・優勝の候補・表彰台の予想

フィギュアスケート

フィギュアスケートのISUグランプリシリーズ2017/2018の女子シングルの注目選手の紹介と優勝・表彰台の予想です。

2017年・平成29年のNHK杯には昨シーズンの世界フィギュアの優勝選手・カップルがそろいどのカテゴリーも注目ですが、中でも女子は日本代表のエース・宮原知子選手の故障明けの初戦、さらには世界女王のエフゲニア・メドベージェワ選手と直接対決ということで特に見どころになりそうです。

宮原知子選手・メドベデワ選手に加え、ベテランで安定した成績を残しているカロリーナ・コストナー選手もエントリーしています。

NHK杯2017 男子の注目選手・みどころ・優勝の候補・表彰台の予想

フィギュアスケート

フィギュアスケートのISUグランプリシリーズ2017/2018の男子シングルの注目選手の紹介と優勝・表彰台の予想です。

2017年・平成29年のNHK杯には昨シーズンの世界フィギュアの優勝選手・カップルがそろいどのカテゴリーも注目ですが、男子は日本代表の羽生結弦選手のファイナル出場がかかった注目の試合です。

残念ながらアサインが発表されていたパトリック・チャン選手は欠場となってしまいましたがアメリカのジェイソン・ブラウン選手ら注目選手がエントリーしています。

全日本大学駅伝2018の日程と時間 全日本駅伝のスタート時間・テレビ放送予定

駅伝 道路

大学三大駅伝の2戦目が全日本大学駅伝、大学駅伝の日本一を決める駅伝大会です!

第50回全日本大学駅伝2018の日程と時間、テレビ放送予定など観戦に役立つ情報をまとめました。全日本駅伝の開催日は毎年11月の第一日曜日、2018年は11月4日に開催されます。

全日本駅伝2018の出場校 全日本大学駅伝のシード校と予選会の日程・結果

駅伝 道路

全日本大学駅伝2018の出場校をまとめてお届けします。

全日本大学駅伝は予選会があるため各地区の予選を通過しなければ出場権を獲得できません。

50回の記念大会となる全日本駅伝2018の予選会の日程とシード校・予選突破の出場校をまとめました。

2018年度の大学駅伝日本一はどの大学になるのでしょうか。

全日本大学駅伝2017 8区の出場選手と注目選手 区間賞と区間順位・レース展開【速報】

駅伝 道路

全日本大学駅伝2017の8区にエントリーしている出場選手とその中から注目選手を紹介します。

8区のレース終了後には区間賞と区間順位を速報で掲載するのでレース中、レース後にご確認ください。

アンカーの8区は伊勢路の最長区間。伊勢神宮宇治橋前のゴールテープを一番に切るのはどの選手でしょうか。

全日本大学駅伝2017 7区の出場選手と注目選手 区間賞と区間順位・レース展開【速報】

駅伝 道路

全日本大学駅伝2017の7区にエントリーしている出場選手とその中から注目選手を紹介します。

7区のレース終了後には区間賞と区間順位を速報で掲載するのでレース中、レース後にご確認ください。

アンカーに渡す7区は優勝争い、シード権争い、そして繰り上げスタートと見どころの多くなる区間です。

全日本大学駅伝2017 6区の出場選手と注目選手 区間賞と区間順位・レース展開【速報】

駅伝 道路

全日本大学駅伝2017の6区にエントリーしている出場選手とその中から注目選手を紹介します。 6区のレース終了後・・・

全日本大学駅伝2017 5区の出場選手と注目選手 区間賞と区間順位・レース展開【速報】

駅伝 道路

全日本大学駅伝2017の5区にエントリーしている出場選手とその中から注目選手を紹介します。

5区のレース終了後には区間賞と区間順位を速報で掲載するのでレース中、レース後にご確認ください。

つなぎの5区はほぼフラットなスピード区間。例年1年生や故障明けの選手の起用が多い区間です。

全日本大学駅伝2017 4区の出場選手と注目選手 区間賞と区間順位・レース展開【速報】

駅伝 道路

全日本大学駅伝2017の4区にエントリーしている出場選手とその中から注目選手を紹介します。

4区のレース終了後には区間賞と区間順位を速報で掲載するのでレース中、レース後にご確認ください。

準エース区間とも呼ばれた4区はつなぎの区間に。ここに主力を配置できたチームが優勝に近付くかもしれません。

全日本大学駅伝2017 3区の出場選手と注目選手 区間賞と区間順位・レース展開【速報】

駅伝 道路

全日本大学駅伝2017の3区にエントリーしている出場選手とその中から注目選手を紹介します。

3区のレース終了後には区間賞と区間順位を速報で掲載するのでレース中、レース後にご確認ください。

最短距離の3区はスピード区間ながらアップダウンが多くペース配分が難しいコースです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ