村上佳菜子が国別対抗戦2017のエキシビションに招待 引退を発表

日本の女子フィギュアスケーター村上佳菜子選手が国別対抗戦2017のエキシビションにゲストとして招待されることが2017年4月23日にわかりました。

招待選手は4月17日にすでに発表されており、突然の追加に引退の発表の可能性がささやかれています。

現役引退の可能性としてアップした記事ですが4/23、エキシビションで現役引退が発表されましたのでタイトルを変更しました。

昨年12月の全日本フィギュアスケート選手権は8位に終わり「スケート人生の全てを出せました」とコメントを残し引退を示唆かと話題に。

8位ということで四大陸選手権や世界選手権など年明けの主要な国際大会への出場はなく、浅田真央選手の引退の際に久々に公の場に登場しコメントを発表しました。

四大陸フィギュア優勝、世界フィギュア4位入賞、ソチオリンピック日本代表など結果を残してきた村上佳菜子選手ですがここ2シーズンは表彰台にあがっていません。

特に今シーズンは回転不足やエッジの判定が厳しくなったこともありジャンプに苦しみグランプリシリーズはスケートアメリカ10位、ロステレコム杯11位と結果を残せず。

まだ22歳ですがソチオリンピックシーズン後にも一度引退を検討したことがあるということで今回も引退の発表の可能性がささやかれています。

姉のように慕ってきた浅田真央さんに続いて引退を発表するのか、現役を続行するのか、4/23の国別対抗戦2017のエキシビションは目が離せません。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ