ニューイヤー駅伝2017 実業団駅伝の見どころと注目選手

ニューイヤー駅伝2017、全日本実業団駅伝の見どころと注目選手を紹介します。

区間エントリーも発表されいよいよ元日のスタートを待つことになったニューイヤー駅伝2017。

今年も予選会を勝ち抜いたチームが出場します。

ニューイヤー駅伝2017 区間エントリー・オーダー 出場選手の一覧

ニューイヤー駅伝2017 実業団駅伝の見どころと注目選手

ヤマザキ新春スポーツスペシャル・ニューイヤー駅伝2017
第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会
日程:平成28年・2017年1月1日
開催地:群馬県

今年のニューイヤー駅伝には注目のルーキーが登場!

昨年の優勝チームであるトヨタ自動車には東洋大学の服部勇馬が加入。

2位のコニカミノルタは今年、青山学院大学を卒業した神野大地が入り大学駅伝のエースが競合チームのエース区間4区を走ることになりました。

この4区の服部勇馬・神野大地のルーキー対決は今年のNY駅伝の見どころの一つです。

さらにこの4区には2年連続の区間記録更新という快挙を達成しているHondaの設楽悠太もエントリー

エース区間ということでトヨタ自動車九州は今井正人、日清食品グループは村澤明伸と各チームが主力を起用。

今年も一番の注目区間は4区になりそうです。

設楽兄弟の兄・コニカミノルタの設楽啓太は故障明けで1区に起用。コニカミノルタが上位に入るにはこの啓太選手の走りが重要。

双子と言えば旭化成からは村山紘太・村山謙太の村山兄弟と市田孝・市田宏の市田兄弟の二組の双子がエントリー。監督も双子の宗猛さん。

今年も旭化成は日本人のみのチームで挑みます。

村山紘太・設楽悠太以外にもリオオリンピック出場選手が複数エントリー

男子マラソン日本代表のHonda石川末廣が5区、旭化成の佐々木悟が7区に登場する予定です。

男子10000mの銀メダリスト、九電工のポール・タヌイと7位のDeNAビダン・カロキは2区を走ります。

トヨタ自動車は大石港与・田中秀幸ら安定感あるメンバーが揃い今年も優勝候補。

コニカミノルタは設楽啓太・宇賀地強の二人が故障明けですが昨年5区・7区区間賞の山本浩之・野口拓也が同区間でエントリーしており期待できそうです。

日清食品グループは佐藤悠基・若松儀裕を故障で欠き厳しい展開が予想されます。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ