フィギュアスケートNHK杯2016 女子の注目選手【グランプリシリーズ日本大会】

札幌で開催されるフィギュアスケートのグランプリシリーズ最終戦、NHK杯2016の女子の出場選手の自己ベストスコアとシーズンベスト、注目選手を紹介します。

ISUのGPシリーズの日本大会は毎年NHK杯として開催されており日本のエースが出場する注目の試合です。

グランプリファイナルの出場枠は3枠。この試合の結果でファイナルの全ての出場選手が決まります。

日本代表の出場選手は宮原知子選手・樋口新葉選手・松田悠良選手の3人です。

※直前に欠場があったため女子の出場選手の人数は11人になりました。

フィギュアスケートNHK杯2016 女子の注目選手【グランプリシリーズ日本大会】

国際スケート連盟公認グランプリシリーズ2016/2017
2016NHK杯国際フィギュアスケート競技大会
ISU Grand Prix of Figure Skating 2016/2017, NHK Trophy
日程:2016年11月25日(金)~2016年11月27日(日)
開催地:北海道札幌市 真駒内セキスイハイムアリーナ

フィギュアスケートグランプリシリーズNHK杯2016 日程と時間【日本大会】

フィギュアスケートNHK杯2016 グランプリシリーズ日本大会の女子の出場選手

出場選手と1試合目のスコアと自己ベスト・シーズンベストです。

GPS1試合目の得点が高い順に掲載しています。大会が違うので単純に比較はできませんが予想などの参考までに。

選手 1試合目 PB SB
アンナ・ポゴリラヤ ロシア 215.21 215.21 215.21
マリア・ソツコワ ロシア 200.35 200.35 200.35
樋口新葉 日本 194.48 194.48 194.48
宮原知子 日本 192.08 214.91 206.75
アレーヌ・シャルトラン カナダ 185.56 186.11 186.11
エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 181.32 183.62 181.32
カレン・チェン アメリカ 179.39 179.39 179.39
松田悠良 日本 177.65 178.98 177.65
ニコル・ラジコワ スロバキア 167.56 173.05 167.56
チェ・ダビン 韓国 165.78 173.71 165.78
長洲未来 アメリカ 151.42 193.86 189.11
アリョーナ・レオノワ out ロシア 141.36 186.71 151.12

フィギュアスケートNHK杯2016 グランプリシリーズ日本大会の女子の優勝候補・注目選手

優勝候補になりそうなのはファイナル出場がかかった4人。

ロシアのパゴリラヤ選手・ソツコワ選手、日本の樋口新葉選手・宮原知子選手です。

自己ベストではポゴリラヤ・ソツコワ・宮原の3人が200点台のスコアを持っています。

中でもポゴリラヤ選手は今季好調で210点台のスコアを出して自己ベストを更新しています。

ソツコワ選手はジュニアから上がったシーズンですがGPS初戦で早速200点台の高い得点を出しており日本勢のライバルになること間違いなしの注目選手。

樋口新葉選手は今季シード選手ながら国内大会に出場し東日本フィギュアまでに不調だったジャンプを取り戻しグランプリシリーズの初戦は3位に入りました。

宮原選手は今季のグランプリシリーズではジャンプに苦しみステップがまさかの0点になるなどして得点を伸ばせていませんがステップの得点はプログラムの修正ですぐに取り戻せるはず。

もう一人の日本の出場選手は松田悠良選手。強豪がそろったロシア大会で6位に入りました。

日系アメリカ人の長洲未来選手も初戦は振るいませんでしたがその前のCSでは勢いがあったのでノーミスなら高得点を出しそうです。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ