フィギュアスケートのグランプリシリーズ・ロシア大会2016 ロステレコム杯の女子フリーの滑走順と結果

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦ロシア大会2016、ロステレコム杯の女子フリーの滑走順日本時間の演技時間、結果と得点・順位を実況・速報でお届けします。

ロステレコム杯の女子FSの演技の順番=滑走順と日本時間での演技の開始予定時間を掲載しました。試合が始まったら結果を実況します。

2016年・平成28年のGPSロステレコム杯の開催地はロシア・モスクワ。強豪のロシア女子がショートでも強さを見せています。

↓ショートの滑走順と結果はこちら↓
フィギュアスケートのグランプリシリーズ・ロシア大会2016 ロステレコム杯の女子ショートの滑走順と結果

フィギュアスケートのグランプリシリーズ・ロシア大会2016 女子フリーの滑走順【ロステレコム杯】

スケートアメリカ2016 ISUグランプリシリーズ・ロシア大会
ISU GP Rostelecom Cup 2016
ISU Grand Prix
日程:2016年11月4日~2016年11月6日(現地時間)
開催地:ロシア・モスクワ

フィギュアスケートのグランプリシリーズ ロシア大会2016 日程と時間【ロステレコム杯】

GPS第3戦ロシア大会2016 女子フリーの滑走順と時間

2016/11/6(日本時間)

滑走順 演技開始時間 出場選手
1:50:00 第1グループ
1 1:57:30 アンゲリーナ・クチヴァルスカ
2 2:05:20 ロベルタ・ロデギエーロ
3 2:13:10 村上佳菜子
4 2:21:00 ニコル・ラジコワ
5 2:28:50 松田悠良
6 2:36:40 アナスタシア・ガルスチャン
2:44:30 第2グループ
7 2:52:00 エリザヴェート・トゥルシンバエワ
8 2:59:50 李子君(ジジュン・リー)
9 3:07:40 コートニー・ヒックス
10 3:15:30 ユリア・リプニツカヤ
11 3:23:20 エレーナ・ラジオノワ
12 3:31:10 アンナ・ポゴリラヤ

以下は結果です。

フィギュアスケートのグランプリシリーズ・ロシア大会2016 女子フリーの結果と順位【ロステレコム杯】

女子フリースケーティング 結果・リザルト
2016/11/5(日本時間11/6)

優勝はロシアのアンナ・ポゴリラヤ選手。2本そろえてトータルで自己ベストを更新しました。自国開催のプレッシャーの中ほぼパーフェクト。

2位はロシアのエレーナ・ラジオノワ選手。ジャンプの調子があまりよくなさそうにもみえましたがさすがは世界フィギュアのメダリスト、しっかりまとめて2位に入りました。

3位は逆転でアメリカのコートニー・ヒックス選手です。

村上佳菜子選手はフリーでもジャンプに苦しみ得点は伸びず。ステップはかっこいい。

松田悠良選手はほぼノーミス。パーソナルベストを更新しています。

ロシアのリプニツカヤ選手は6分間練習から足を気にするしぐさを見せていましたがフリーの途中で中断。再開はしましたが最下位に。けがの具合も心配です。

順位 選手 得点 SP FS
1 アンナ・ポゴリラヤ ロシア 215.21 1 1
2 エレーナ・ラジオノワ ロシア 195.60 2 2
3 コートニー・ヒックス アメリカ 182.98 6 3
4 李子君(ジジュン・リー) 中国 181.83 5 4
5 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 181.32 4 5
6 松田悠良 日本 177.65 7 6
7 ニコル・ラジコワ スロバキア 167.56 8 7
8 ロベルタ・ロデギエーロ イタリア 159.80 12 8
9 アナスタシア・ガルスチャン アルメニア 159.26 9 9
10 アンゲリーナ・クチヴァルスカ ラトビア 151.09 11 10
11 村上佳菜子 日本 151.03 10 11
12 ユリア・リプニツカヤ ロシア 148.46 3 12
スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ