フィギュアスケートのグランプリシリーズ・カナダ大会2016 スケートカナダの男子フリーの滑走順と結果

フィギュアスケートのISUグランプリシリーズの第2戦カナダ大会2016、男子フリーの滑走順と日本時間の演技時間、結果と得点・順位を実況・速報でお届けします。

GPS第2戦スケートカナダ2016の男子フィギュアはSPで一人90点台に乗せたパトリック・チャンが暫定トップ。

日本の無良崇人が2位、ケヴィン・レイノルズが3位、羽生結弦がトップと約11点差の4位でフリーに挑みます。

フィギュアスケートのグランプリシリーズ・カナダ大会2016 男子フリーの滑走順【スケートカナダ】

スケートカナダ2016 ISUグランプリシリーズ・カナダ大会
ISU GP Skate Canada International 2016
ISU Grand Prix
日程:2016年10月28日~30日(現地時間)
開催地:カナダ・ミシサガ

演技の時間は日本時間、目安です。

滑走順 演技開始時間 出場選手
7:57:00 第1グループ
1 8:04:30 リアム・フィルス
2 8:12:50 ロス・マイナー
3 8:21:10 グラント・ホッホスタイン
4 8:29:30 ミーシャ・ジー
5 8:37:50 ミハル・ブジェジナ
6 8:46:10 アレクサンドル・ペトロフ
8:54:30 第2グループ
7 9:02:00 ハン・ヤン
8 9:10:20 羽生結弦
9 9:18:40 ダニエル・サモーヒン
10 9:27:00 ケヴィン・レイノルズ
11 9:35:20 パトリック・チャン
12 9:43:40 無良崇人

この下は結果なのでテレビで結果を知りたい方はお気を付けください。

フィギュアスケートのグランプリシリーズ・カナダ大会2016 男子フリーの結果の速報【スケートカナダ】

男子フリースケーティング 結果・リザルト

10/30の朝8時ごろから行われた男子フリーの結果です。

カナダのパトリック・チャン選手は後半のジャンプが抜けてしまうなどジャンプでミスを連発。ショートの差で優勝。

羽生選手は4回転ルッツは転倒、4回転サルコーからのコンビネーションは2Sにコンボはしっかり付けました。決めたジャンプは加点のつく出来栄え。GPS初戦いつも通りの2位。

無良崇人選手はジャンプでミスが相次ぎコンボが1つになるなどFS8位で大きく順位を落としてしまいました。

ケヴィン・レイノルズ選手が4回転ジャンプを4ついれミスはあったものの3位で復帰。4回転ジャンパーがかえってきました。

順位 選手 得点 SP FS
1 パトリック・チャン カナダ 266.95 1 2
2 羽生結弦 日本 263.06 4 1
3 ケヴィン・レイノルズ カナダ 245.06 3 3
4 ミハル・ブジェジナ チェコ 227.42 9 4
5 ダニエル・サモーヒン イスラエル 226.53 5 7
6 ミーシャ・ジー ウズベキスタン 226.07 7 5
7 アレクサンドル・ペトロフ ロシア 224.39 8 6
8 無良崇人 日本 222.13 2 8
9 リアム・フィルス カナダ 210.89 10 9
10 ハン・ヤン 中国 209.11 6 11
11 グラント・ホッホスタイン アメリカ 200.63 12 10
12 ロス・マイナー アメリカ 196.53 11 12
スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ