フィギュアスケートのグランプリシリーズ・カナダ大会2016 女子ショートの結果【スケートカナダ】

フィギュアスケートのISUグランプリシリーズの第2戦カナダ大会2016、女子ショートの結果と得点・順位を実況・速報でお届けします。

GPS第2戦スケートカナダ2016の女子フィギュアの出場選手は日本の宮原知子、ロシアのエフゲニア・メドベデワ、エリザベータ・トゥクタミシェワら11人。

テレビ放送は今夜6時56分から録画放送で生中継ではありません。

↓ネタバレは見たくない、オンエアで結果を知りたい方は滑走順をこちらからどうぞ↓
フィギュアスケートのグランプリシリーズ・カナダ大会2016 女子ショートの滑走順

フィギュアスケートのグランプリシリーズ・カナダ大会2016 女子ショートの結果の速報【スケートカナダ】

スケートカナダインターナショナル2016 ISUグランプリシリーズ・カナダ大会
ISU GP Skate Canada International 2016 ISU Grand Prix
日程:2016年10月28日~30日(現地時間)
開催地:カナダ・ミシサガ

グランプリシリーズ カナダ大会2016 日程と時間【スケートカナダ】

2016年10月29日(日本時間)
4時3分から

GPS第2戦カナダ大会2016 女子ショートの結果と得点・順位

本郷理華選手はノーミス、ダイナミックな滑りで圧巻のステップをみせてくれました。

永井選手はジャンプが2本抜けて技術点が伸ばせず。

カナダのケイトリン・オズモンド選手が自己ベストを10点更新する会心の演技。

日本の宮原知子選手は抜群の安定感を今大会も発揮し見た目はパーフェクトもスコアは伸びず。プロトコルで要確認。

→宮原選手の減点の要因はジャンプの回転不足2つとエッジエラーでした。最初のダブルアクセル以外減点。

エフゲーニャ・メドベージェワ選手がパーソナルベストを更新してSP1位。セーラームーンのルナのティッシュケースをもってキスクラでにこにこ。

SP順位 選手 得点
1 エフゲーニャ・メドベージェワ ロシア 76.24
2 ケイトリン・オズモンド カナダ 74.33
3 エリザヴェータ・タクタミシェワ ロシア 66.79
4 本郷理華 日本 65.75
5 宮原知子 日本 65.24
6 アレーヌ・シャルトラン カナダ 62.15
7 キム・ナヒョン 韓国 60.46
8 チェ・ダビン 韓国 53.29
9 長洲未来 アメリカ 53.19
10 ヨシ・ヘルゲソン スウェーデン 49.72
11 永井優香 日本 40.39
スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ