フィギュアスケートのグランプリシリーズ・アメリカ大会2016 男子ショートの結果【スケートアメリカ】

フィギュアスケートのISUグランプリシリーズの初戦、アメリカ大会2016の男子ショートの結果と得点・順位を実況・速報でお届けします。

GPS第1戦スケートアメリカ2016の男子フィギュアの出場選手は日本の宇野昌磨、アメリカのアダム・リッポン、ジェイソン・ブラウンら10人。

日本代表の村上大介、カザフスタン代表のデニス・テンは欠場です。

テレビ放送は今夜6時57分からテレビ朝日系列で。

↓ネタバレは見たくない、オンエアで結果を知りたい方は滑走順をこちらからどうぞ↓
GPSグランプリシリーズ・アメリカ大会2016 男子ショートの滑走順

フィギュアスケートのグランプリシリーズ・アメリカ大会2016 男子ショートの結果の速報【スケートアメリカ】

スケートアメリカ2016 ISUグランプリシリーズ・アメリカ大会
ISU GP 2016 Progressive Skate America
ISU Grand Prix
日程:2016年10月21日~23日(現地時間)
開催地:アメリカ・シカゴ

フィギュアスケートGPSアメリカ大会2016 日程と時間【スケートアメリカ】

2016年10月23日(日本時間)

GPS第1戦アメリカ大会2016 男子ショートの結果と得点・順位

SP1位は日本の宇野昌磨選手。4回転トーループからの連続ジャンプの二回目で転倒がありましたが4回転フリップなど他のジャンプはこらえながらも着氷。

2位はアメリカのアダム・リッポン選手。4回転ジャンプを入れない構成ですがすべての要素に加点が付き技術点・演技構成点ともに高評価。

SP順位 選手 得点
1 宇野昌磨 日本 89.15
2 アダム・リッポン アメリカ 87.32
3 ジェイソン・ブラウン アメリカ 85.75
4 ナム・グエン カナダ 79.62
5 セルゲイ・ボロノフ ロシア 78.68
6 ティモシー・ドレンスキー アメリカ 77.59
7 ヨリック・ヘンドリックス ベルギー 76.62
8 ボーヤン・ジン 中国 72.93
9 ブレンダン・ケリー オーストラリア 71.62
10 マキシム・コフトゥン ロシア 67.43
スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ