リオデジャネイロオリンピック2016 男子10000m日本代表の選手

ブラジル・リオデジャネイロで開催されるリオオリンピック2016の男子10000mに日本代表として出場する選手を紹介します。

最終選考会は名古屋で開催された第100回日本陸上選手権2016の男子10000mです。

トラック・長距離種目で大学駅伝で活躍した選手が多く活躍する男子10000m。

リオ五輪の男子10000mは8月14日の日本時間の午前中に開催されます。

↓結果はこちら↓
リオオリンピック2016 陸上・男子10000mの結果と記録・タイム

リオデジャネイロオリンピック2016 男子10000m日本代表の選手

正式発表の前のため内定選手2名は確定ですが選考対象の選手は予想というか候補選手となります。

大学駅伝でも活躍した同世代の選手から選ばれました。

内定 大迫傑 日本陸上選手権2016優勝

名前:大迫傑
所属:ナイキオレゴンプロジェクト
資格記録:27:45.24 2015/5/29(参加標準記録)
大学:早稲田大学
生年月日:1991年5月23日

参加標準記録の突破・日本陸上選手権優勝でリオ五輪2016の日本代表選手に内定したのはナイキオレゴンプロジェクトの大迫傑選手です。

2015年に実業団選手として所属していた日清食品グループを退社しナイキのチームへ移籍しています。

大学時代は早稲田大学のエースとして箱根駅伝などで活躍しています。

5000mの日本記録保持者でもあり5000mでの日本代表入りも目指しています。

内定 村山紘太 日本陸上2位 派遣設定記録を突破

名前:村山紘太
所属:旭化成
資格記録:27:29.69 2015/11/28(派遣設定記録)
大学:城西大学
生年月日:1993年2月23日

村山紘太選手は男子10000mの日本記録保持者です。

双子の村山兄弟の弟で兄弟そろって旭化成に所属しています。

世界陸上2015にも日本代表として出場しています。

選考対象 設楽悠太 日本陸上3位 参加標準記録を突破

名前:設楽悠太
所属:Honda
資格記録:27:42.71 2015/5/9(参加標準記録)
大学:東洋大学
生年月日:1991年12月18日

双子の設楽兄弟の弟、設楽悠太選手は参加標準記録を満たしており3位以内に入ったため選考の対象となりました。

決定ではありませんが3枠の出場枠があるため日本代表入りの可能性があります。

兄の啓太選手とともに東洋大学のエースとして東洋大学の箱根駅伝優勝などに貢献し、卒業後は実業団に進みHondaに入りました。

↓結果はこちら↓
リオオリンピック2016 陸上・男子10000mの結果と記録・タイム

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ