陸上日本選手権2016 男子10000mの結果・順位・タイム

名古屋で開催されている日本陸上選手権2016の男子10000mの結果と順位です。

優勝したのは大迫傑選手。

リオデジャネイロオリンピックの日本代表入りが確定しました。

村山紘太選手も派遣設定記録を突破している選手の最上位のため日本代表に内定です。

設楽悠太選手も参加標準記録を満たしているため選考の対象となります。

リオデジャネイロオリンピック2016 男子10000m日本代表の選手

陸上日本選手権2016 男子10000mの結果・順位・タイム

順位 氏名 所属 記録
1 大迫傑 Nike ORPJT 28:07.44
2 村山紘太 旭化成 28:16.54
3 設楽悠太 Honda 28:17.51
4 市田孝 旭化成 28:22.13
5 茂木圭次郎 旭化成 28:25.52
6 大六野秀畝 旭化成 28:26.53
7 山本浩之 コニカミノルタ 28:26.92
8 村澤明伸 日清食品グループ 28:29.10
9 村山謙太 旭化成 28:37.13
10 中村匠吾 富士通 28:39.97
11 大石港与 トヨタ自動車 28:56.89
12 横手健 富士通 28:58.16
13 中谷圭佑 駒澤大 28:59.14
14 小野裕幸 日清食品グループ 29:05.31
15 神野大地 コニカミノルタ 29:07.55
16 鎧坂哲哉 旭化成 29:17.93
17 上野裕一郎 DeNA 29:33.13
18 相葉直紀 中電工 29:37.75
19 早川翼 トヨタ自動車 29:37.85
20 山本修平 トヨタ自動車 29:57.70
21 設楽啓太 コニカミノルタ 31:20.85
スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ