フィギュアスケート大陸別団体戦チームチャレンジカップ2016 男子フリーの結果

フィギュアスケートの3大陸対抗戦「チームチャレンジカップ2016」の男子フリーの結果です。

2日目のフリーの大陸別団体戦ではペア・アイスダンスを終えチーム北米がリード。

チームアジアから日本代表の宇野昌磨選手が出場します。

昨日のショートでは4回転フリップをISU公認の試合で世界で初めて成功させ史上三人目の100点台のスコアを出しました。

2日目の団体戦のポイント・順位はこちら
>>フィギュアスケート3大陸対抗戦チームチャレンジカップ2016 団体戦の結果

フィギュアスケート大陸別団体戦チームチャレンジカップ2016 男子フリーの結果

2016 Team Challenge Cup
2016 コーセー・チームチャレンジカップ
Spokane Arena Spokane, Washington
2016/4/23(日本時間2016/4/24)
男子シングル フリースケーティング

男子フリーではチームアジアが最も多いポイントを獲得しました。

チーム得点 男子FS
アジア 32
北米 30
欧州 28

団体戦のポイントはこちら
>>フィギュアスケート3大陸対抗戦チームチャレンジカップ2016 団体戦の結果

グループ1ではチームアジアのデニス・テン選手が1位になりました。

順位 選手 チーム 得点
1位 デニス・テン カザフスタン アジア 147.77
2位 セルゲイ・ボロノフ ロシア 欧州 132.79
3位 ナム・グエン カナダ 北米 127.10

グループ2ではアメリカのアダム・リッポン選手が1位。

中国のボーヤン・ジン選手は自己ベストの191.38点には大きく届かず3位となりました。

順位 選手 チーム 得点
1位 アダム・リッポン アメリカ 北米 166.68
2位 ミハル・ブジェジナ チェコ 欧州 158.30
3位 ボーヤン・ジン 中国 アジア 156.71

宇野昌磨選手がフリーでも190.32点の自己ベストを更新して1位です。

順位 選手 チーム 得点
1位 宇野昌磨 日本 アジア 192.92
2位 ジェイソン・ブラウン アメリカ 北米 181.50
3位 ミハイル・コリヤダ ロシア 欧州 165.48
スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ