四大陸フィギュアスケート選手権2016 男子ショートの滑走順と結果

フィギュアスケートの四大陸選手権2016は台湾、台北で開催されます。

四大陸フィギュア2016の男子ショートの滑走順と競技後には結果をお届けします。

残念ながらデニス・テン選手は怪我で欠場が発表されました。

23人の選手が出場します。

↓結果と順位・得点の速報は滑走順の下に掲載しています↓

↓男子フリーの滑走順はこちら↓
>>フィギュアスケート四大陸選手権2016 男子フリーの滑走順と結果2/21

↓女子ショートの結果はこちら↓
>>フィギュアスケート四大陸選手権2016 女子ショートの滑走順と結果

四大陸フィギュアスケート選手権2016 男子ショート 結果は何時?

フィギュアスケート四大陸選手権2016の男子ショートは2/19の19時24分から第一グループの6分間練習が行われます。

21時45分に日本代表の最初の演技の田中刑事選手が登場。

宇野昌磨選手が22時6分から無良崇人選手の演技は22時19分からの演技開始時間となる予定です。

全選手の結果が出るのは最終滑走の選手の演技が終わる22時40分ごろ。

↓結果と順位・得点を滑走順の下に速報&実況で掲載しています↓

四大陸フィギュアスケート選手権2016 男子ショートの滑走順とタイムテーブル

ISU Four Continents Figure Skating Championships
TIME SCHEDULE タイムスケジュール
MEN SHORT PROGRAM 男子シングルショートプログラム
2016/2/19

滑走順 演技開始時間 出場選手
19:24:00 第1グループ
1 19:31:30 Leslie IP 香港
2 19:38:00 Denis MARGALIK アルゼンチン
3 19:44:30 リアム・フィルス カナダ
4 19:51:00 ブレンダン・ケリー オーストラリア
5 19:57:30 ナン・ソン 中国
20:04:00 第2グループ
6 20:11:30 Andrew DODDS オーストラリア
7 20:18:00 Se Jong BYUN 韓国
8 20:24:30 Chih-I TSAO 台湾
9 20:31:00 Harry Hau Yin LEE 香港
10 20:37:30 ケヴィン・レイノルズ カナダ
11 20:44:00 Julian Zhi Jie YEE マレーシア
20:50:30 製氷
21:05:30 第3グループ
12 21:13:00 ジュンヒョン・リー 韓国
13 21:19:30 マイケル・クリスチャン・マルティネス フィリピン
14 21:26:00 グラント・ホッホスタイン アメリカ
15 21:32:30 ロス・マイナー アメリカ
16 21:39:00 イ・ジュンヒョン 韓国
17 21:45:30 田中刑事 日本
21:52:00 第4グループ
18 21:59:30 ハン・ヤン 中国
19 22:06:00 宇野昌磨 日本
20 22:12:30 マックス・アーロン アメリカ
21 22:19:00 無良崇人 日本
22 22:25:30 ボーヤン・ジン 中国
23 22:32:00 パトリック・チャン カナダ

四大陸フィギュアスケート選手権2016 男子ショートの結果と順位・得点

ISU Four Continents Figure Skating Championships
Results 結果・リザルト
MEN SHORT PROGRAM 男子シングルショートプログラム
2016/2/19

男子ショートの結果を実況中です。

滑走順の演技開始時間を参考に10分おきくらいに更新してみてください。

中国のボーヤン・ジン選手がジャンプ全てで着氷し54点台という高い技術点でチャン選手を残してSP1位になりました。

宇野昌磨選手は冒頭の4回転ジャンプでこらえるシーンはあったもののSBの演技で2位です。

3位は中国のハン・ヤン選手、今シーズン決め切れなかったジャンプが綺麗に決まりました。

無良崇人選手も回転不足のジャンプこそあったもののSBで4位というメダルが狙える順位。

パトリック・チャン選手は冒頭の四回転ジャンプで手を付きコンビネーションに出来なかったものの後半しっかりまとめて5位。

氷が合わない、氷の状況が日々違うなど環境面での不満をインタビューで漏らしていました。

田中刑事選手はシーズンベストの演技で7位につけています。

2013年の大阪での四大陸選手権で優勝したケビン・レイノルズ選手は怪我開けのシーズンとなりましたがジャンプやスピンで4回の転倒があり得点を伸ばすことが出来ませんでした。

日本のアニメ、カウボーイ・ビバップの曲を使用し衣装は主人公スパイクのコスプレ、そして日本語でインタビューに答えてくれるレイノルズ選手のフリーに期待です。

SP順位 名前 スコア
1 ボーヤン・ジン 中国 98.45
2 宇野昌磨 日本 92.99
3 ハン・ヤン 中国 89.57
4 無良崇人 日本 89.08
5 パトリック・チャン カナダ 86.22
6 グラント・ホッホスタイン アメリカ 75.79
7 田中刑事 日本 74.82
8 マックス・アーロン アメリカ 69.48
9 マイケル・クリスチャン・マルティネス フィリピン 69.15
10 イ・ジュンヒョン 韓国 67.35
11 ナン・ソン 中国 66.04
12 ジュンヒョン・リー 韓国 65.13
13 Andrew DODDS オーストラリア 61.88
14 リアム・フィルス カナダ 61.81
15 Julian Zhi Jie YEE マレーシア 59.70
16 Se Jong BYUN 韓国 58.30
17 ロス・マイナー アメリカ 58.27
18 Denis MARGALIK アルゼンチン 57.71
19 ブレンダン・ケリー オーストラリア 55.83
20 ケヴィン・レイノルズ カナダ 55.14
21 Leslie IP 香港 54.81
22 Chih-I TSAO 台湾 51.83
23 Harry Hau Yin LEE 香港 42.54
スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ