フィギュアスケートGPS中国杯2015 女子ショートの滑走順と結果【中国大会】

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦、中国大会が北京で2015年11月6日・7日の日程で開催されます。

中国杯2015の女子ショートの滑走順と結果を速報でお届けします。

↓全員の演技が終わったため女子ショートの順位とスコアを掲載しました。↓

日本人の出場選手は浅田真央選手と本郷理華選手です。

中国杯は浅田真央選手のグランプリシリーズ復帰戦となります。

現地時間2015年11月6日17時、時差は1時間なので日本時間18時から女子ショートはスタートします。

テレビ放送は2015年11月6日夜20時から、女子フリーは明日の17時35分から、テレビ放送は18時56分からです。

↓女子フリーの滑走順はこちら↓
>>女子フリーの滑走順

フィギュアスケートGPS中国杯2015 女子ショートの結果【中国大会】真央ちゃんは?

中国杯2016の女子シングル・ショートプログラムの結果は最初の選手の演技終了後からこちらで実況を行います。

浅田真央選手のショートプログラムのすてきなあなたは初披露!

真央ちゃんの演技が終了しましたがガッツポーズの演技でした。

ジャンプの構成は3A・3F-3Lo・3Lzと難易度の高い予定通りの構成に挑戦したようで71.73点という今シーズンのGPS女子ショート最高得点を出しています。

トリプルアクセルを跳ぶ選手がこのグランプリシリーズには2人!

女子にも新時代到来ですね。

SP順位 名前 スコア
1 浅田真央 日本 71.73
2 本郷理華 日本 65.79
3 コートニー・ヒックス アメリカ 62.38
4 アンナ・ポゴリラヤ ロシア 61.47
5 李子君(ジジュン・リー) 中国 58.62
6 エレーナ・ラジオノワ ロシア 58.51
7 カレン・チェン アメリカ 58.30
8 ハンナ・ミラー アメリカ 55.25
9 ニコル・ラジコワ スロバキア 54.76
10 朴小宴(パク・ソヨン) 韓国 52.47
11 趙子セン(チョウ・シセン) 中国 48.66
12 Lu ZHENG 中国 47.23

プロトコルを見ましたが、浅田真央選手の得点が伸びなかったのは3Lzのエッジエラーと3F-3Loのアンダーローテーション(回転不足)が原因のようです。

しかし12選手中最高の技術点・演技構成点でSP1位発進です!

本郷選手は全ての要素でレベル4をとり2位発進です。

フィギュアスケートGPS中国杯2015 女子ショートの滑走順【中国大会】

フィギュアスケートグランプリシリーズ第3戦中国大会 アウディカップオブチャイナ2015

浅田真央選手の滑走順は7番滑走、18時54分ごろから演技が行われる予定です。

真央ちゃんのスマイルは見ることができるでしょうか。

本郷理華選手は10番滑走です。

滑走順 演技開始時間 出場選手
18:00:00 第1グループ
1 18:07:30 Lu ZHENG 中国
2 18:14:00 趙子セン(チョウ・シセン) 中国
3 18:20:30 ハンナ・ミラー アメリカ
4 18:27:00 カレン・チェン アメリカ
5 18:33:30 李子君(ジジュン・リー) 中国
6 18:40:00 朴小宴(パク・ソヨン) 韓国
18:46:30 第2グループ
7 18:54:00 浅田真央 日本
8 19:00:30 ニコル・ラジコワ スロバキア
9 19:07:00 コートニー・ヒックス アメリカ
10 19:13:30 本郷理華 日本
11 19:20:00 エレーナ・ラジオノワ ロシア
12 19:26:30 アンナ・ポゴリラヤ ロシア
スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ