年賀状のマナー ビジネス用・上司など目上の人への書き方は?例文は?

年賀状 マナー 書き方そろそろ年賀状を書く季節。

みなさん準備は進んでいますか?

今回は年賀状のマナーとして、ビジネス用・上司など目上の人への年賀状の書き方を紹介します。

年賀状はこの3つで構成します。
・賀詞
・本文
・年号・日付

特に注意が必要なのは「賀詞」の選び方!

例文もあるので参考にしてみてください。

年賀状のマナー ビジネス用・上司など目上の人への年賀状の書き方

賀詞

読み方は「がし」で祝いの言葉。祝詞(しゅくし)。という意味があります。

例:謹賀新年

「謹賀新年」「恭賀新年」など4文字のものが目上の人向けの賀詞です。

「賀正」「迎春」「寿」など1~2文字のものは目下の人向け。

「謹んで新春のお慶びを申し上げます」など文章の賀詞でもOKです。

印刷された年賀状を選ぶ際には賀詞に注意して選びましょう。

本文

例文:旧年中は、公私にわたりひとかたならぬご厚情とお力添えを賜り、厚く御礼申し上げます。
本年もご指導・ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

この3つで構成します。
・お礼・挨拶
・相手を気遣う言葉
・お願い

賀詞ですでに新年の挨拶は済んでいるので「あけましておめでとうございます」と書いてしまうと新年の挨拶が重複してしまうので注意しましょう。

「皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます」など相手を気遣う言葉や送り先にあわせた一言があるといいですね。

ここに注意!

「今年」⇒「本年」
「去年」⇒「昨年」「旧年」
「お願いします」⇒「お願い申し上げます」

年号・日付

例:平成二十八年 元日

新年の年号と日付を書きます。

元旦は一月一日の朝、元日は一月一日終日という意味です。

NG:平成二十八年 一月一日 元旦

これでは重複してしまいます。

その他の注意事項

・一月一日に届くように、十二月二十五日までに投函しましょう。
・本文は手書きで書きましょう。筆ペンがベストです。
・出し遅れて元旦に届きそうもない場合は「元旦」と書かないほうがいいでしょう。
・家族での付き合いがない人には写真入り年賀状は避けましょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ