日本最南端の沖ノ鳥島の場所 地図と画像で解説 工事で埋め立て?

日本最南端の島として知られる「沖ノ鳥島」

どこにあるか場所・何県はご存知ですか?

今回は沖ノ鳥島について地図と画像で解説します。

日本最南端 沖ノ鳥島の場所・地図

まずは地図でその場所を確認してみてください。


大きな地図で見る

紀伊半島の南、本州からこんな遠くにあります。

沖縄よりもまだまだ南に位置します。

日本が必死で守っている理由がわかりますね。

この島があるから日本の排他的経済水域は南に広く広がっています。

那覇からの距離は約1,100kmです。

日本最南端 沖ノ鳥島の写真・画像と解説

2016年1月時点の沖ノ鳥島の写真です。

沖ノ鳥島 画像 写真 観測所 工事 埋め立て 護岸

手前にあるのが港湾工事で設置された桟橋、右奥にあるのが観測所です。

現在活動の拠点として係留施設や荷さばき施設を設置する工事が行われています。

白い輪のような部分の内側が沖ノ鳥島です。

桟橋の左に見えるわずかな岩場のような島が北小島だと思われます。

航空写真がこちらです。

大きな地図で見る

沖ノ鳥島はサンゴ礁の島で殆どが海に沈んでいます。

水色や白で囲われた部分がそうです。

干潮時にだけ海上にみることができます。

海に沈まないのが東小島(ひがしこじま)と北小島(きたこじま)で1mほど海面に出ています。

画像の中央左にある四角とその左の丸は観測施設です。

北小島はGoogleマップの航空写真では確認できないようです。

観測施設のもう少し北西、左上にあります。

住所もしっかりとあり、北小島は東京都小笠原村沖ノ鳥島1番地、東小島は2番地となっています。

東京都なんですね。

日本最南端の沖ノ鳥島 工事で埋め立てている?

沖ノ鳥島で行われた工事は護岸工事です。

島を埋め立てると自然の島として認められなくなり、日本の領土として認定されなくなる危険性があります。

ですが、北小島は満潮時には16cm、東小島は6cmしか海上に出ません。

これが全て沈んでしまうと日本の国土面積以上の排他的経済水域が失われます。

そのため自然の島を守るために島を消波ブロックやコンクリートで囲って波から守っています。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ