グランプリシリーズNHK杯2017 女子フリーの滑走順と結果【速報】

フィギュアスケートのグランプリシリーズNHK杯2017の女子フリーの滑走順と結果の実況です。

女子ショートでは日本代表選手の宮原知子選手が6位・本郷理華選手が4位・白岩優奈選手が8位、ロシア代表のエフゲニア・メドベージェワ選手が79.99点でトップに立っています。

試合は日本時間の2017年11月11日の16時40分開始予定です。

グランプリシリーズNHK杯2017 女子フリーの滑走順と時間

ISUグランプリシリーズNHK杯2017
GPS日本大会 女子シングルフリースケーティングの滑走順

前半グループ 16:40:00スタート
1 アレーヌ・シャルトラン
2 ニコル・ラジコワ
3 朴小宴
4 アリョーナ・レオノワ
5 白岩優奈
6 マライア・ベル

後半グループ 17:34:30スタート
7 本郷理華
8 長洲未来
9 宮原知子
10 エフゲニア・メドベージェワ
11 ポリーナ・ツルスカヤ
12 カロリーナ・コストナー

日本代表の白岩優奈選手は前半グループの5番滑走。演技開始時間は17:18:50ごろの予定です。

本郷理華選手は7番滑走で演技開始が17:42:00ごろ、9番滑走が宮原知子選手で17:57:40ごろに演技を開始する予定となっています。

SPトップ3の選手が10番滑走から12番滑走に入りました。

スポンサードリンク


グランプリシリーズNHK杯2017 女子フリーの結果と順位

ISUグランプリシリーズNHK杯2017
GPS日本大会 女子シングルフリースケーティングの結果・リザルト

11/11の17時ごろからこちらに結果を実況で掲載します。

NHK杯2017 女子SP 結果・リザルト

スコアはSPとFSの合計です。

順位 選手 得点
1 エフゲニア・メドベージェワ ロシア 224.39
2 カロリーナ・コストナー イタリア 212.24
3 ポリーナ・ツルスカヤ ロシア 210.19
4 長洲未来 アメリカ 194.46
5 宮原知子 日本 191.80
6 アリョーナ・レオノワ ロシア 190.95
7 本郷理華 日本 187.83
8 白岩優奈 日本 171.94
9 マライア・ベル アメリカ 166.04
10 ニコル・ラジコワ スロバキア 159.78
11 アレーヌ・シャルトラン カナダ 159.36
12 朴小宴 韓国 135.79

白岩優奈選手は終盤2つのジャンプでミスがありコンビネーションジャンプが本来3つ入るところ2つになり技術点を伸ばせず。

本郷理華選手は3FがDGレベルの回転不足で転倒。FS単独で122.00点。ジャンプに細かいミスがあり技術点は伸びなかったものの演技構成点は64点台の評価。

宮原知子選手は前半の3Fが2Fに、後半の3Sが2Sに、2A+3Tは単独になりましたが2つめの2Aでリカバリ。

優勝したメドベデワ選手と2位のコストナー選手がグランプリファイナル出場権を獲得しました。

次は男子です。
グランプリシリーズNHK杯2017 男子フリーの滑走順と結果

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ