フィギュアスケートのグランプリシリーズ2017 女子ショートの得点ランキング・技術点・演技構成点

フィギュアスケートのISUグランプリシリーズ2017の女子ショートの得点と技術点・演技構成点のランキングTOP10です。

ロステレコム杯・スケートカナダ・中国杯と3試合が終わっています。

この後ファイナルまでにNHK杯・フランス杯・スケートアメリカと3試合残っています。

2試合にエントリーできるので同じランキングに同じ選手の名前が2試合分で2回入ることもあります。

グランプリシリーズ2017 SP・FSの得点と技術点・演技構成点のランキング
男子総合得点・男子ショート・男子フリー
女子総合得点・女子ショート・女子フリー

フィギュアスケートのグランプリシリーズ2017 女子ショートの得点ランキング・技術点・演技構成点

ISU Grand Prix of Figure Skating 2017/18
Ladies Short Program
女子シングル ショートプログラムのスコア・得点

女子ショートのスコアランキング

世界女王のメドベデワ選手がロステレコム杯で出した80.75点で暫定トップ。世界歴代最高得点でもあるメドベデワ選手のPBに0.10点差まで迫る高いスコアです。

6人の選手が70点超え。70点台後半はメドベデワ選手とカナダ大会のケイトリン・オズモンド選手だけ。

日本代表からは樋口新葉選手と坂本花織選手がランクイン。

順位 選手 得点 試合
1 エフゲニア・メドベージェワ 80.75 ロシア
2 ケイトリン・オズモンド 76.06 カナダ
3 カロリーナ・コストナー 74.62 ロシア
4 ガブリエル・デールマン 70.65 中国
5 樋口新葉 70.53 中国
6 エレーナ・ラジオノワ 70.48 中国
7 樋口新葉 69.60 ロシア
8 アリーナ・ザギトワ 69.44 中国
9 アンナ・ポゴリラヤ 69.05 カナダ
10 坂本花織 68.88 ロシア

フィギュアスケートのグランプリシリーズ2017 女子ショートの技術点ランキング

Technical Elements

女子ショートの技術点ランキング

技術点でもロステレコム杯のメドベデワ選手がトップ。2位オズモンド選手も同じですが3位には中国杯のアリーナ・ザギトワ選手がランクイン。

日本の坂本花織選手もロステレコム杯のスコアが4番手に。樋口新葉選手もランクインしています。

順位 選手 技術点 試合
1 エフゲニア・メドベージェワ 42.69 ロシア
2 ケイトリン・オズモンド 40.12 カナダ
3 アリーナ・ザギトワ 39.01 中国
4 坂本花織 38.59 ロシア
5 カロリーナ・コストナー 37.93 ロシア
6 樋口新葉 37.68 中国
7 ガブリエル・デールマン 37.51 中国
8 エレーナ・ラジオノワ 37.17 中国
9 樋口新葉 36.26 ロシア
10 アンナ・ポゴリラヤ 35.98 カナダ

フィギュアスケートのグランプリシリーズ2017 女子ショートの演技構成点ランキング

Program Components

女子ショートの演技構成点ランキング

こちらもロシアのメドベデワ選手がトップ。2番手にはベテランのコストナー選手がランクイン。

日本代表からは樋口新葉選手が入っています。

順位 選手 演技構成点 試合
1 エフゲニア・メドベージェワ 38.06 ロシア
2 カロリーナ・コストナー 36.69 ロシア
3 ケイトリン・オズモンド 35.94 カナダ
4 エレーナ・ラジオノワ 34.54 ロシア
5 アシュリー・ワグナー 33.47 カナダ
6 樋口新葉 33.34 ロシア
7 エレーナ・ラジオノワ 33.31 中国
8 ガブリエル・デールマン 33.14 中国
9 アンナ・ポゴリラヤ 33.07 カナダ
10 樋口新葉 32.85 中国
スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ